適切なゴルフアドレスを考える

ゴルフをした後に首が痛くなるということは、適切なアドレスができてないということになります。

頭が垂れ下がったアドレス

ゴルフアドレス

ゴルフボールが下にありますので、どうしても下を向いてしまいがちです。下を向くと、頭が垂れ下がった姿勢となり、頸椎のS字が保つことができません。それどころか、アゴを引いたような姿勢となりますので、捻転するときに左肩がアゴの下に入り難くなってしまい、深胃捻転ができないこともあります。

 

適切なゴルフアドレス

適切なゴルフアドレス

頭は垂れ下がっておらず、下を向いているような姿勢となっていません。腰、背骨、頭まで真っ直ぐとなっていますので、頸椎が適切なS字をを描くことができるような姿勢(アドレス)となっています。真っ直ぐアドレスができていると思っていても、実は頭だけが垂れ下がっている状態、下を向いている状態となっていることが多いです。

頭が垂れ下がっている状態(下を向いている状態)となっている場合は、アゴを引いているような状態に近くなり、テイクバックでの捻転では、左肩がアゴの下を通ることができずに、左肩がアゴにあたってしまって、深い捻転ができなくなってしまうこともあります。

頭が垂れ下がっているようなアドレスは、捻転を浅くしてしまうというデメリットもあります。アゴを少し上げるようにすると、左肩がアゴの下に入る隙間が作られますので、自然と深い捻転ができます。また、アゴを上げることで、頸椎がS字を描くような状態となり、首まわりへの負荷を軽減することにもつながります。

ゴルフ後に首回りが痛い、深い捻転ができない、急ぎうちになってしまうという場合は、アドレスを見直すことで、良いスイングができることもあります。

 

関連記事