ストレートネック対策用の枕

朝起きた時に首が痛い、肩が痛い、それだけではなく、なんだかしらないけど頭が痛いということはありませんか?日常生活のなかで、姿勢が悪くなるような長時間のパソコン作業、スマホのやり過ぎなども首こりの原因となります。そして、寝ている時に首のカーブを保つことができないと、寝ている時に首まわりに負担をかけてしまい、首周りの筋肉が緊張して、硬くなり、痛くなってしまいます。快適な朝を迎えるためにも、首こり枕の使用を検討してみてください。2018/07/11 更新

 

 

首こり・肩こりの原因は、ストレートネック

ストレートネックになる原因は、長時間のパソコン作業、スマホ操作です。俯いている姿勢が長く続くことで、ストレートネックになりやすくなります。つまり、常に首が少し前に出た姿勢をとり続けています。この姿勢は、猫背になりやすいです。そして、重い頭を支えるために緩やかな湾曲している首(頸椎)が、真っ直ぐになってしまいます。これが、ストレートネックです。

一度、猫背になり、ストレートネックになると、元に戻すことが難しくなります。

子供のストレートネック対策用の枕

昨今、インターネットが普及して、スマホ、パソコンを使うことが当たり前となりました。また、YouTubueで動画を見たり、スマホやパソコンでゲームをする機会も増えてきました。子供のうちから、姿勢が悪くなり、ストレートネックになりやすい環境が整っているともいえます。子供に姿勢を正して、ストレートネックに気を付けるよ注意を促しても、なかなか姿勢を正すことは難しいものです。御両親が気付いてあげて、ストレートネック予防をしてあげることが大切です。そのためには、子供用のストレートネック枕を使うと良いです。

子供のストレートネック

 

パソコン、スマホで、猫背になる

パソコンのやり過ぎ、スマホのやり過ぎで、猫背になりやすくなります。現代人の多くは、ストレートネックになっていると言われています。既に、ストレートネックは、現代病となりつつあります。首に不調を感じたら、ストレートネックかもしれません。

猫背になると色々な症状がでる

俯いた姿勢を続けていると、猫背になりやすくなります。

姿勢が悪いとストレートネックになりやすい

姿勢が悪いとストレートネックになりやすいです。気付けば、ストレートネックになってしまって、いつも首が痛い、頭が痛い、ひどい場合には吐き気がすることもあります。はやめに対応することが大切です。

目次に戻る

 

 

ストレートネック矯正用の枕

真っ直ぐになってしまった首(頸椎)にカーブを蘇らせようとするのが、首こり枕です。はやめの対応をすることで、ストレートネックを矯正することができます。放置すれば、するほど、ストレートネックによる悪い影響を受けやすくなります。ストレートネックを矯正する枕には、睡眠用、ストレッチ用の枕があります。

ストレートネックを治す枕は2種類あります

睡眠用の枕
睡眠時の首(頸椎)のカーブを保つことができる枕です。睡眠用としても使える枕です。
首ストレッチ枕、マッサージ用の枕
睡眠用ではなくて、5分~10分使うことで、首(頸椎)に湾曲を持たせようとするための枕です。首を伸ばすように使うことから、首ストレッチ枕を呼ばれることもあります。

目次に戻る

 

 

首こりを治す枕の紹介

枕の重要性は、寝ているときでも頸椎の湾曲を保つことができるということです。枕は頭を上げるためではなく、頸椎の湾曲を適切に保ち、寝ているときでも正しい姿勢(寝姿勢)となるようにすることが重要です。首こり、首が痛いのが治らないのは枕選びが間違えっている可能性があります。

日常生活のなかで、姿勢が悪い人の共通点としては、寝ている時に首が痛い、肩がこる、朝起きると首が痛い、頭が痛いという症状です。もともと、姿勢が悪いから首こりになってしまうので。首こり枕を使用して、寝ている時くらいは、適切な姿勢を保って眠ることで、首こりを軽減することができます。

首こり枕というのは、寝ているときに首が痛くなってしまって、朝起きると首が痛いという、首こりを軽減してくれるための、枕です。首こりを軽減する枕を省略して、首こり枕と呼ばれており、造語ですね。首こり枕の役割としては、寝ているときの首のカーブを適切に保つことで、首周りに負担が掛からないようにしてくれるための枕です。

首こり枕とは?
寝ている時の首のカーブを適切に保ってくれるための枕です。健康志向の強い人に向いている枕です。

目次に戻る

 

 

六角脳枕

おすすめ! 首こり枕!
六角脳枕、知らないの!?
六角脳枕の写真

 
実は、以前から人気が高くて、評判良いのが、六角脳枕です。六角脳というちょっと不思議なネーミングの枕ですが、脳科学の研究から生まれた、安眠できる枕なのです。枕の形状が六角形となっています。これは、人間の細胞が六角形となっているからです。六角形の細胞があつまって、私たちの身体はできています。ですから、枕を六角形にすることで、おさまりのよい、寝心地の良い枕となることを期待されて作られています。細かなところまで、よく考えてつくられたのが、六角脳枕です。首こりで悩んでいる人に向いている、首こり枕です。量販店では購入できない、首こり、肩こりを軽減させてくれる枕です。本当に健康のことを考えられた、首こり枕です。

 

六角脳枕のサイズ、素材

  • 低反発ウレタン(低反発マイクロウェーブ加工)
  • 特殊製法の冷却材
  • 枕カバー:綿100%(ベージュ色)
  • サイズ:35センチ×50センチ×7センチ
  • 日本製

 

六角脳枕ってどこが販売してるの?
六角脳枕は、イッティが販売をしています。もともと、イッティは美容、健康関連のグッズを販売しています。マットレスや枕などは、単なる道具、寝具ではなく、いつまでも使い続けたいと思うような、クオリティの高さが評判です。それもそのはずで、マットレスや枕などは、睡眠の専門医などと連携して、本当に快眠できるようなアイデアを取り入れているからです。

 

ニトリの枕

ニトリは、コスパが良いことと、首こり 枕のバリエーションが豊富ですから、多くの人達に合わせた枕が用意されているのが嬉しいところです。枕の高さ、柔らかさなども選ぶことができます。値段が手ごろということで、人気がありますが、健康改善に向いていると宣伝されていません。
コスパ最高! ニトリの枕

 

KANUDA(カヌダ)の枕

指圧技法を取り入れたという珍しい枕です。頭をのせるだけで、指圧されている感じがする?頭を包み込むような形状が、両手で頭を支えているかのような、柔らかさを優しさがある枕です。KANUDA(カヌダ)は、徒手療法の概念を取り入れた機能性枕です。
KANUDA(カヌダ)の枕 | ブルーラベル、ゴールドラベル 詳細紹介

 

東京西川の枕

布団、マットレスなどの寝具を取り扱っている、東京西川の枕です。布団、マットレスなどと併せて、知名度があります。
東京西川の枕 価格詳細(AMAZON)

 

Mkicesky(ミキーセスキー)の枕

人間工学に基づいた設計となっている低反発の枕を多く取り扱っています。
Mkicesky ミキーセスキーの首こり 枕 詳細紹介

 

アイリスオーヤマの枕

アイリスオーヤマは、生活用品、家電、寝具などを販売しており、枕も取り扱っています。価格も手頃ですので、けっこう人気があります。
アイリスオーヤマの枕 価格詳細(AMAZON)

 

ASMOT(アスモット)のスマホ首用枕

アスモットは、スマホ首・ストレートネック対策用の枕を販売してます。

目次に戻る

 

 

首こり用ストレッチ、マッサージ用枕

首こりに効くストレッチ用の枕、マッサージ用枕の紹介です。こちらは、睡眠用ではなく、5分~10分使うことで、首のストレッチ、首のマッサージが
できる枕の紹介です。

湯たんぽ型 首こり専用マッサージ

とても珍しいのですが、湯たんぽのようにお湯を入れて首を温めながら、解すことができます。ストレッチするだけではなく、温めることで、血行を促して、凝り固まった首まわりを柔らかくほぐしてくれます。

 

電動型首こり専用マッサージ

電動で揉み玉が動いて、首筋をほぐしてくれます。ウォーマーも付いており、温めながら解すことができます。寝ているだけで、首すじ、首まわりを解してくれます。自宅で簡単に首こりマッサージができるので、オススメです。

 

首ストレッチャー

シンプルな首こり 枕です。首の下に敷いて寝るだけです。自分の体重で、荷重して頸椎のカーブを保ち、首をほぐしてくれます。軽量で使いやすく、誰でも簡単に首こり解消できます。

 

首ゆるストレッチピロー

自宅で簡単に首を伸ばすことができるストレッチ用ピロー(枕)です。猫背によるストレートネック、首への負担、首こり、肩こりに悩んでいる人にオススメです。

 

首ストレッチができる、木枕

木で作られた硬い枕を使うことで、首(頸椎)の湾曲を保つためのストレッチが簡単にできます。木のような硬い枕を使うことで、痛みを感じること自体が、何かしらの症状を抱えているということです。

目次に戻る

 

 

横向き寝用の枕

横向き寝用の枕

仰向けに寝ると、首に負担が掛かる、腰が痛くなるというような理由から、横向きに寝る人は少なくありません。そんなことから、横向きに寝るための枕があります。少し変わった形状ですが、横向きに寝ても、頭の高さを適切に保ち、首への負担を減らしてくれます。

人気の横向き枕
仰向けで寝ると、首が痛い、肩周りも痛いという人は、横向きに寝る人が居るかと思いますが、そのような人に向いているのが、横向き枕です。こちらも、寝ている時の首の負担を軽減してくれます。最近、人気が高くなってきた、首こり枕として、知名度が上がってきました。
横寝枕 価格詳細(AMAZON)
横向き寝用の枕
横向きで寝る方法と横向き寝のコツ
横向きで寝るコツと横向きで寝るための枕、マットレスの必要性を説明していますので、読んでみてくださいね。
横向きで寝る方法と枕の関係

目次に戻る

 

 

ストレートネックに効く、バスタオル枕

 
首の負担を減らしたり、寝ているときに首が痛くなってしまうことを防ぐために、首下にバスタオルを敷くという方法があります。バスタオルをそのまま敷くのではなく、バスタオルを丸めて、首下に置くことで、首の湾曲(カーブ)を保つことができるという工夫のひとつです。これにより、首こり・肩こりに効くとされています。

また、バスタオルを首に巻いて、コルセットのような使い方をするという工夫もあります。首こり枕を買う前に自分で何とかしてみたいという人には、オススメの方法です。

バスタオル枕ってナニ?
バスタオル枕というのは、バスタオルをくるくる巻いて、頭と首(頸椎)の間の隙間を埋めるようにつかうことです。頭と首(頸椎)の間に隙間をつくることで、首が適切なカーブを保ちやすくなり、首こり、ストレートネック予防になります。首を伸ばして、ストレッチにもなります。
バスタオル枕の作り方
自宅で簡単にバスタオル枕をつくる方法を紹介してます。参考にしてみて下さいね。

目次に戻る

 

 

枕なしで寝ると良い?

首こり、肩こりが酷くて、枕を使うと痛いという人は、枕なしで眠りたいと思ってしまうかもしれません。本当は、枕を使った方が良いです。枕なしの場合は、余計にいまの状態を悪化させてしまうこともありますので、注意して下さい。

枕なしで寝ることの関連記事
首こりだから枕なしで寝るメリットある?

目次に戻る

 

 

ストレートネックと寝違え

良い枕というのは、寝返りをしても、頭・肩だけが移動するので、人間の体にとって最適な高さに調整されます。首や肩の緊張を緩和し、快眠できます。個人差がありますが、頭の重さは約6キロ~8キロ(約5キロ)ほどあります。重い頭を支えるために、首まわりには負荷が掛かりますし、その負荷が首こりの原因となっていることもあります。頭を支えるための負荷は、寝ているときにも発生します。その、負荷を軽減しようと寝返りをするわけです。寝ているときこそ、正しい脊椎の湾曲を維持することで、首こりを軽減することができます。むしろ、寝返りがし難いような枕は、寝違えやすくなります。寝違えというのは、首まわりの筋肉、靭帯、関節に炎症が起きている状態のことです。

朝起きると首が痛いのは、寝返りがうてないから

朝起きると首が痛い、肩が痛いのは枕が原因であることが多いです。人間の体の部位のなかでも頭は重さがありますので、気付かないうちに首に負担が掛かってしまうことがありますし、首周りの筋肉に負荷が掛かってしまい、筋肉が緊張してしまい、首の痛み、肩の痛みになってしまうことがあるからです。また、ストレートネックになっている人は、寝ているときも首(頸椎)に負担が掛かりやすいので、寝違えやすくなります。

寝違えと首こりと枕

枕が合ってないと、寝違えになることもあります。寝違えとは急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)のことです。寝ているときの姿勢が違えてしまうと寝違えになりやすくなります。

目次に戻る

 

関連記事