ストレートネックには、首サポーターがおすすめ

更新:

 

首サポーターとは

首サポーターとは、文字通り首のサポーターです。別名、首カラーと呼ばれることもあります。首に巻き付くように装着されるサポーターのことです。アゴの下、首の下にサポーターを巻くことで、重い頭を支える手伝いをしてくれるのが、首サポーターです。サポーターの高さにより、重い頭を支えて、首への負担を減らすことができます。持ち運びも簡単です。職場で使うこともできます。休憩時に装着して、首への負担を減らしたりすることもできます。

首サポーターを使ってみよう

首サポーターの役割・効果

重い首を支えるために負担が掛かっている首への負担を軽減してくれます。また、俯くことを防いでくれます。併せて、首を伸ばしてくれますので、自然と首筋が伸びて、首(頸椎)に適切なカーブを持たせようとしてくれます。首筋を伸ばすので、首ストレッチャーと呼ばれることもあります。様々な呼び名がありますが、用途は同じです。

首サポーターは、何もしなくても首が痛い、頭の重さだけでも首が痛いと感じるという人に向いています。首サポーターを装着すると、俯くことができなくなるので、正しい首の位置を保つことができます。

ストレートネックを軽減する

人間の頭は、成人で約5キログラムあると言われています。重い頭を支えるために、首(頸椎)は湾曲しています。その湾曲が無くなってしまうと、ストレートネックになってしまいます。ストレートネックになると、重い頭を支えるための負荷が、掛かってしまって首に痛みを感じてしまいます。首サポーターは、頭の重さを支える手助けをしてくれます。

首サポーターを使った方が良い人

デスクワークをしている人、長時間の座りっぱなしの仕事をしている人、スマホやり過ぎでストレートネックの人。ゴルフなどのスポーツをした後に、首が痛いという人にも、首サポーターは有効的です。スポーツ後の首のケアのために、首サポーターを使うのも良いです。

また、トラックの運転手、運送業、ドライバーなどの長時間に渡って車の運転をするという人もストレートネックになりやすいですし、首への負担が大きい職種です。ドライバーも首サポーターを使って、首への負担を軽減すると良いです。

  • デスクワークの人
  • スマホやり過ぎで首が痛い人
  • 長時間の車の運転で首が痛い人
  • スポーツ後の首のケア

首サポーターの使い方

1日中、首サポーターを装着しておくという方法もありますが、休憩時間や1日のうちの数時間くらい装着すると良いです。

デスクワークの人は、休憩時間に装着するという方法が良いです。トラックの運転手、ドライバーの人も休憩中に首サポーターを装着して、首への負担を減らすと良いです。

目次に戻る

 

 

首サポーター | GANPU

首こり、ムチ打ちなどに向いている首サポーターです。価格も安くて、使いやすい首サポーターです。デスクワーク、スマホのやり過ぎでストレートネックになってしまったという人にオススメです。マジックテープで装着できますので、誰でも簡単に脱着ができます。

サイズ・詳細

  • 男女兼用
  • 首周り:30~45センチ
  • 高さ:8~10センチ

目次に戻る

 

 

首サポーター | RISING GATE

現代人に増え続けている、ストレートネックの症状。首の痛み、首への負担を軽減してくれる、首サポーターです。慢性的な首の痛み、首の凝りを感じたら、首サポーターを試してみて下さい。

サイズ・詳細

  • 男女兼用
  • 首周り:30~45センチ
  • 高さ:7.5センチ

目次に戻る

 

 

首サポーター | Velpeau

軽量でフィット感のある、首サポーターです。アゴ下、首下にピッタリとフィットして、重い頭を支える手助けをしてくれる首サポーターです。S、M、L、XLからサイズを選べます。

サイズ・詳細

  • 男女兼用
  • 首周り:30~45センチ
  • 高さ:7.5~8.5センチ

目次に戻る