首こりだから枕なしで寝るメリットある?

更新:

首周りが痛い、首こりで痛くて枕を使うと余計に痛みが激しくなって眠れないなんてことはありませんか?

枕なしで寝ることのメリット

枕なしで寝ることのメリットは、殆どありません。強いて言えば、枕を正しく使えない人が、枕なしにすると、顎が上を向きやすくなって呼吸しやすくなります。メリットは、それくらいしかありません。

枕を使うと、首が痛くなるという場合は、枕の使い方が間違っているか、枕が合ってない可能性があります。枕を使わない理由としては、枕があるからこそ、首まわりに負担が掛かっているのを軽減したいという考えがあるはずです。

 

枕なしで寝ることのデメリット

枕なしで寝ることのデメリットは幾つかあります。重要性の高いデメリットをばっすいし、紹介します。

 

首と頭の間に隙間ができる

枕なしで寝ると首と頭の間に隙間ができてしまうので、首(頸椎)に負担が掛かってしまいます。つまり、首(頸椎)を支えられるものが無いので頭部、肩部に発生する荷重が首(頸椎)に掛かってしまいます。余計に首周りが緊張してしまい、首こり・肩こりが酷くなることがあります。

後頭部が痛くなる

枕が無いということは、直接的に後頭部が敷布団に密着してしまいますので、後頭部が痛くなることがあります。また、荷重により後頭部が圧迫されてしまって、血流が滞ってしまうことがあります。

 

正しい枕の使い方を覚えること

 

枕は、頭をの下に敷いて、頭をのせるためのものではありません。頭と肩の間、首(頸椎)を支えられるように枕を敷くと良いです。眠る前にタオル枕を作って、首周りをストレッチしておくことも良いです。