猫背がストレートネックにさせてしまう

更新:

 

ストレートネックの主な原因は姿勢が悪いことです。猫背になっている人は、ストレートネックになっていることが多いです。ストレートネックというのは、背中が丸まって、首が前に出ている姿勢を続けていることで、頸椎が反ってしまうことで、頸椎が真っ直ぐになってしまうことです。

人間の頭は重さがあり、重い頭を支えるために頸椎はカーブを描くように湾曲して、頭の荷重を分散させるかのように支えています。ストレートネックの場合は、直接的に頭の重さが負荷となってしまいますので、首まわり、肩まわりの筋肉が緊張してしまい、痛みを覚えることになってしまいます。

ストレートネックというけど、原因は姿勢

首こり、肩こりなどの原因のひとつとして、ストレートネックが大きく取り上げられていますが、殆どの場合は、姿勢が悪いことが根幹にあったりします。つまり、姿勢が悪いからこそ、ストレートネックになってしまうということです。そして、殆どが猫背となっており、骨盤が前に突き出たような姿勢になっている人が多いです。ですから、ストレートネックを治そうとするよりも、身体全体の歪み、姿勢を正すことから始めることが賢明です。

 

姿勢が悪いとストレートネックになりやすい
猫背だったり、姿勢が悪いと、首が前に出た姿勢となり、首の湾曲(カーブ)が保たれないので、ストレートネックになりやすくなります。長時間のパソコン作業、スマホのやり過ぎなどが原因となっていることもあります。

現代人は姿勢が悪い

上の図は、猫背で姿勢が悪い場合の例です。頸椎が真っ直ぐとなってしまっています。デスクワークを主としている社会人の殆どは猫背となっていることが多いです。理由は現代のデスクワークはパソコンを使いますから、自然と両腕は前に出しますので、肩も前にでます。そして、首も前に出すという姿勢となります。これこそが、首こりの原因となっている可能性が大きいのです。

どうしても首が痛い、首がこる、肩が痛い、肩がこる、首こりが全く治らないという場合は、既にストレートネックとなっている可能性があります。日常生活での姿勢に意識を向けてみましょう。

猫背は背中が丸まって、首(頭)が前に出たような姿勢となります。長時間、デスクワークをしている人に多いです。スマホの見過ぎで猫背になってしまうこともあります。猫背になると、頸椎が反ってしまい、真っ直ぐな状態となります。頭の重さがにより負荷が掛かってしまい、首こり、首が痛くなってしまうことがあります。

ストレートネックの主な原因は姿勢が悪いことです。猫背になっている人は、ストレートネックになっていることが多いです。ストレートネックというのは、背中が丸まって、首が前に出ている姿勢を続けていることで、頸椎が反ってしまうことで、頸椎が真っ直ぐになってしまうことです。

人間の頭は重さがあり、重い頭を支えるために頸椎はカーブを描くように湾曲して、頭の荷重を分散させるかのように支えています。ストレートネックの場合は、直接的に頭の重さが負荷となってしまいますので、首まわり、肩まわりの筋肉が緊張してしまい、痛みを覚えることになってしまいます。

実は、首こり、肩こりではなくて、姿勢が悪いからストレートネックになってしまって、痛みを感じている可能性が高いです。

姿勢が悪いから首こりになる
パソコンを使用したデスクワーク、スマホのやり過ぎによって、猫背になってしまい、長時間に渡って首を前に出す姿勢となりますから、首周りに負担が掛かってしまい、首こりになってしまいます。

目次に戻る

 

 

正しい姿勢・適切な頸椎の湾曲(カーブ)

 

上の図は、正しい姿勢で適切な頸椎のカーブとなっている例です。二足歩行ができる人間だから、重い頭を支えるために、頸椎から背骨は真っ直ぐではなく、湾曲となっています。これこそが、正しい姿勢です。
正しい姿勢・頸椎のカーブ
首は、垂直になっているのではなく、少しだけ湾曲しており、カーブしてます。カーブしているからこそ、重い頭を支えることができます。