寝違える原因 | 朝起きた時に首が痛い

更新:

朝起きて首が痛い、寝違えたという経験のある人は、多いはずです。寝違える原因と対策を紹介します。

 

寝違える原因

寝違える原因の殆どは、無理な寝姿勢により、首に負担が掛かっていることが多いです。首に集中して負担が掛かると、首まわりの筋肉、靭帯、関節にも負担が掛かることになります。結果的には、炎症を起こしてしまい、寝違いになってしまいます。

つまり、寝違えは、首まわりの筋肉、靭帯、関節の炎症です。

寝ているときというのは、意外にも首まわり、腰まわりに荷重が掛かっています。首に負荷が集中すると、寝違えになりやすいです。首に負担が掛からないようにするためにも、首こり対策枕を使ってみたりするわけです。

寝違える原因

寝返りがうてないので、無理な寝姿勢を維持してしまい、首まわりに負担が掛かってしまっています。寝違えは、寝返りがうてないことによる、無理な寝姿勢が引き起こしていることが殆どです。

寝違えになったら冷やす

寝違えになったら、温めてはいけません。寝違えは、炎症を起こしている状態ですから、冷やす方が良いです。

 

ストレートネックが寝違えの原因になる

寝違えは、ストレートネックが起因となっている場合もあります。ストレートネックは、ご存知の通り首(頸椎)の湾曲が無くなってしまった状態です。首が真っ直ぐになってしまっていると、寝ていても無駄な負担が首に掛かってしまい、その負担に耐えようとして、首まわりの筋肉、靭帯、間接にも負担が掛かり、寝違えになりやすくなります。根本的に寝違えを改善するには、ストレートネックを矯正することが大切です。

ストレートネックと寝違えは、全く別の症状です。ここで紹介しているのは、ストレートネックになっていると、首まわりの寝姿勢を適切に保てなくなり、寝違えになりやすいということです。

 

寝違え対策

寝違え対策で必須なのが枕と、正しい枕の使い方です。
枕は、首の下に敷いて、寝ているときでも首(頸椎)の湾曲を保つことができるような枕を選ぶことです。

首(頸椎)の湾曲を保つ枕を使う

首の下に枕を敷いて、首(頸椎)の湾曲を保つことできるような枕を使うことで、適切な寝姿勢となり、無理な姿勢になることを防ぐことができます。適切な寝姿勢になるということは、寝返りもうちやすくなりますので、首、肩、腰などの身体の一部だけに負担がかかってしまうことを防ぐことができます。

正しい枕の使い方

枕の使い方は、頭を乗せるのではなくて、首の下に敷いて使うことが大切です。

寝返りがうちやすくなる

適切な寝姿勢になるということは、寝返りがうちやすくなるということです。そして、結果的には、身体の一部に負担が掛からないので、寝違えを防ぐことにもつながるということです。そのためには、枕選びが重要ということです。寝返りの重要さを知らない人は、とても多いです。寝返りがうちやすい枕は、自分の毎日の健康を維持するためにも必要です。

寝違えのポイントのまとめ

  • 不自然な姿勢で寝ると、首に負担が掛かってしまう
  • ストレートネックが寝違えの原因になっている可能性もある
  • 寝返りのうちやすい枕で、首への負担を減らす
  • 首から肩にかけての筋肉、靭帯に炎症が起きる
  • 寝違えは、炎症なので、温めてはいけない

上述したことを読んでいただければ、枕と寝違えと寝返りとの関係が理解できるかと思いますので、枕選びに関しては、慎重になれると思います。自分に合った、良い枕を選んでください。

 

寝違えを防ぐ枕

六角脳枕は、形状が六角形となっていることと、表面がW字となっているので、自然な状態で寝返りがうちやすい枕です。ストレートネック、首凝り対策にも良いとのことで、人気のある枕です。また、枕の中に保冷材を入れることができるので、頭や首を冷やすことができます。これは、他の枕には無い新しい構造です。

六角脳枕の特長

  • 表面がW字となっており、寝返りがうちやすい
  • 保冷剤入りで、頭・首を冷やせる