横向きで寝る方法と枕の関係

仰向けで寝ると首が痛い、腰が痛いということから、横向き寝るという人は、少なくありません。横向きで寝る方法の説明と必要な枕の紹介をしますので、参考にしてください。

横向きで寝る方法

仰向けで寝るときと同じように、頭と肩までの首(頸椎)の空間を埋めるように枕を敷きます。頭に直接、枕を置くわけではありません。頭と肩の空間を埋めることができれば、自然と首(頸椎)を真っ直ぐに保つがことができますので、首への負担を減らすことができます。

横向きで寝るときのポイント

横向きで寝るときのポイント
横向きで寝るときは、頭と肩の間の空間をあけないようにすることが大切です。首(頸椎)に負荷が掛かってしまいます。

適切な横向きの寝方

適切な横向きの寝方
頭と肩の隙間を埋めることで、首(頸椎)の負担を減らすことができます。また、首(頸椎)を真っ直ぐにさせることができます。

 

横向きで寝ると肩と腰に負担が掛かることもある

身体を横向きにして眠るわけですから、身体の側面に体圧が掛かってしまいます。すると、肩や腰に負担が掛かることがあります。このような場合は、枕だけの問題ではなくて、体圧を分散できるマットレスを併用することで解消することができます。ですから、快眠を目指す場合は、枕を変更するだけではなく、マットレスもいっしょに変えると良いです。

横向きで寝るメリット
いびき解消に良いとされています。
また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)にも良いとされています。
専門的なことは、医師に相談して判断してください。

 

横向きで寝るための枕とマットレス

横向きで寝るのにピッタリなのが六角脳枕です。併せて、雲のやすらぎプレミアム(高反発マットレス)を併用することで、身体の側面への圧力分散を手伝ってくれます。

六角脳枕は寝返りをうっても高さが変わらない枕

六角脳枕は、六角形をした枕です。寝返りをうっても高さが変わりません。また、横幅が広い枕となっていますので、横向きで寝るときにも最適な姿勢を保つことができる枕です。

六角脳 枕の高さはスゴイ! 枕の高さで寝心地がかわる

六角脳枕の写真
枕の役割は寝ているときに頭を高く上げるための役割があるという認識がありますが、それだけではありません。寝ているときでも、頸椎のS字を適切に保つようにするという役割もあります。寝ているときの姿勢(寝姿勢)を正すことで、首こり、首の痛みを軽減させて、さわやかな朝を迎えることができます。

枕の高さが合ってないと、寝苦しさだけではなく、首に負担が掛かってしまいます。枕の役目としては、頭部と頸椎の隙間を埋めることです。そして、首の湾曲(カーブ)を保つことができますので、首こりが解消されます。

マットレスもかえて、横向きでも快眠できる

横向きで寝ると、どうしても身体の側面に体圧が掛かってしまいます。すると、肩や腰が痛くなることがあります。そういった場合は、マットレスをかえると良いですよ。枕とマットレスは、一対ですから。枕だけかえると、寝心地が変わってしまいます。
首こりに向いている枕 | 六角脳枕
2018/02/07